何が違うの?心の病院!精神科心療内科違いを徹底解説!

サイトメニュー

自己否定をやめよう!

病院

口癖になっていませんか?

自己否定をする言葉が口癖になっていませんか?このような言葉や気持ちから抜け出せないと苦しいですよね。このような思考から抜け出す為にはどうしたらいいのかを解説します。まず、知らず知らずのうちに自己否定に陥ってしまう言葉があります。それは「暇だな」という言葉です。意外と思われるかもしれませんが、暇というのは自己否定を深めてしまうのです。時間を持て余して何をしていいか分からない時は、「暇だな」と何度も口に出すことで、自分は必要とされていないと自己否定になってしまう事があるのです。また、「無理」という言葉も自己否定です。自分の能力を正しく見積もることは大切ですが、挑戦の意欲を失ってしまうとどんどん自己否定に陥ってしまいます。成長の機会だと信じて、まずやってみるということも重要です。更に心身が疲弊してしまった時には「消えたい」という言葉が出てくる事があります。このような言葉が出てくる時はかなり重症なので、早めに受診したり、周りの人のサポートを受ける事が大切です。

自己否定になる原因

同じ状況に陥っても自己否定をする人とそうでない人がいます。その違いは何でしょう?まず。自己否定をしやすい人は自己肯定感が低いという問題があります。何かがあるから自分に価値があるのではなく、生きていること自体に価値があると思えない状態です。自虐的になりやすい傾向があります。また、生い立ちに問題がある場合も、自己否定が低くなりやすいです。他にも、精神疾患を患ってしまうと自己否定が強くなります。自己否定が止められない時は精神を病んでいる可能性がとても高いので、受診しましょう。その際には精神科心療内科違いを知って受診するといいです。

自己肯定感を高めよう

精神科に行くほどではないけれど、自分は自己肯定感が低い気がすると感じたことはありませんか?そんな方の為に簡単にできる自己肯定感を高める方法を紹介していきます。まずは紙とペンを準備しましょう。あなたが周りの人からしてもらったことを数えていきます。ここで、あまり思いつかないという人は要注意です。実は自己肯定感が低い人ほど、人からしてもらったことではなく、してくれなかったことに目を向けている可能性があります。しかし、自己肯定感を高めたいのなら、その視点を少し変えて、「してもらったことは何か」と考えてみましょう。思いついたら、紙に書き出していきます。すると、自然と肯定的な気持ちになってきます。その気持ちを大切に感じることが重要です。ちょっとした時に試してみましょう。しかし、それでも肯定的な気持ちが全く湧いてこなかったり、逆に否定的な気持ちになってしまったりする時には、精神科や心療内科の受診も検討しましょう。自己肯定感を高める為のカウンセリングなどもおすすめですよ。

Copyright© 2019 何が違うの?心の病院!精神科心療内科違いを徹底解説! All Rights Reserved.